078-926-0331

24時間WEB予約

MENU

おなかブログ

BLOG

炎症性腸疾患診療ガイドライン

明石にある「あんどう消化器内科IBDクリニック」のブログです。    皆様、年末年始はどのように過ごされたでしょうか?多くの方にとって、例年とは違う、ある意味 ”特別” な新年を迎えられたのではと思います。  …

続きを読む

当院の治療方針 クローン病

   日本消化器病学会が2010年に発行した、「患者さんと家族のためのクローン病ガイドブック」では「クローン病とは、小腸・大腸などの消化管に特殊な炎症を起こす原因不明の病気です。10歳代後半から30歳台前半の若…

続きを読む

当院の治療方針 潰瘍性大腸炎

   潰瘍性大腸炎はよく「大腸の粘膜にびらんや潰瘍が生じることで、下痢や下血、腹痛などを起こす原因不明の慢性炎症性疾患である」と説明されます。その他、“比較的若い世代に発症する”、“近年患者さんの数が増加している”、“大…

続きを読む

「難病」がもつイメージ

 あんどう消化器内科IBDクリニックのブログです。  潰瘍性大腸炎やクローン病などの診療を行っていると、「難病」「指定難病」という言葉とつきあわざるを得ません。が、個人的にはこの「難病」という表現がどうも好きになれません…

続きを読む

背に腹はかえられない・・・?

 5月20日、脊髄性筋萎縮症という遺伝性難病の治療薬として「ゾルゲンスマ」という薬が薬価収載され、保険適応となりました。その値段、なんと1億6707万7222円(!!)です。(初の「億超え新薬」ゾルゲンスマの薬価はどう決…

続きを読む

(重要)今年の受給者証更新について

   潰瘍性大腸炎、クローン病などで治療されている方で、一定の条件を満たせば、「特定医療費受給者証」を取得することができます。毎年6月ごろになると更新手続きに必要な診断書の依頼が次々と舞い込みます。個人的にはあ…

続きを読む

IBDに使用する薬剤と新型コロナウイルスについて ~注射点滴編~

  引き続き、IBDの治療で使われる生物学的製剤についてです。   Q. 生物学的製剤投与中のIBD患者では、新型コロナウイルスの重症化リスクは高くなるのでしょうか?   A. 抗TNFα抗…

続きを読む

IBDに使用する薬剤と新型コロナウイルスについて ~内服薬編~

   新型コロナウイルに対する日本炎症性腸疾患学会からの通知の第3弾です。以前の通知と重複するところもありますが、患者さんに知っておいていただきたいポイントを要約してご報告します(薬はすべて商品名に変えています…

続きを読む

新型コロナウイルスとIBDについて(調査研究班よりの通達)

   連日コロナウイルスに関する報道があふれています。最近は特に、医療現場の危機的状況を伝えるニュースが増えており、毎日不安に過ごされているIBD患者さんも多いのではないかと思います。  この度、厚生労働省の「…

続きを読む

”リアル”の大切さ ~患者会について~

 潰瘍性大腸炎やクローン病の患者さんやご家族からよく、「ほかの患者さんがどんな生活をしているのかを知りたい。」「周りに同じ病気の人がいないので、話がしてみたい。」というお話をよく聞きます。現在でも日本各地に患者会が存在し…

続きを読む

1 2

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ